≪備前焼のミニ知識≫






釉薬を使わない備前焼の器には多くの気孔があり、
その浸透性で水が美味しくなり、腐らないと言われてます。
 



 


 内部にも無数の気孔がある為、若干の通気性が生じ、
酵母菌の働きが活発になり、お酒が熟成されるそうです。







表面にも気孔が存在し、空気が水に溶け、
水が活性化されるので、花は長持ちします。






内部の細かい凹凸に空気が取り残され、
きめ細かい泡を作り出し、うま味を引き立てます